電気とガスをセットで楽天ポイント!楽天ガスの特徴を解説します

2021年1月19日

電気とガスをセットで楽天ポイント!楽天ガスの特徴を解説します

2016年4月から開始された「電力小売全面自由化」は、一般的に知られていますが、実は都市ガスも2017年4月に自由化が開始されたのはご存知でしょうか。

都市ガスの自由化により、大手ガス会社だけでなく他業種の企業でも新規参入できるようになり、消費者は自由に供給会社を選べるようになりました。

「楽天ガス」も都市ガス自由化による新規参入の1つで、2020年10月よりサービスが開始されました。今まで、楽天グループでは「楽天でんき」という電力供給サービスのみでしたが、「楽天ガス」の登場により、電気とガスをセットにすることが可能となりました。

この記事では、楽天グループが提供する「楽天ガス」の特徴について、詳しく解説していきます。

楽天ガスとは?

楽天ガスとは、2020年10月からサービスが開始された楽天エナジーが運営する都市ガスサービスです。

提供エリアは、全国に対応しておらず、「関東地方の東京ガスエリア」、「中部地方の東邦ガスエリア」、「関西地方の関電ガスエリア」のみとなります。

楽天ガスは、東京ガス、東邦ガス、関西電力の3社との取次契約により、都市ガスのサービスを提供しています。ガス供給は、東京ガス、東邦ガス、関西電力の3社が行い、ガス漏れなどの非常時や定期保安点検なども東京ガス、東邦ガス、関西電力が対応します。

楽天でんきと同様に、楽天ガスでも楽天ポイントを貯めたり、支払いに使えるのが特徴です。

楽天ガスの契約は、楽天でんきとセットにする必要があり、単独では契約ができません。

楽天でんきについては、以下の記事で紹介しているので参考にしてください。
毎月の電気代で楽天ポイントが貯まる!楽天でんきの特徴とは?

料金プラン・供給エリア

楽天ガスの料金プランは、供給エリアごとに料金プランが異なります。

関東地方の東京ガスエリア

関東地方で提供するプランは、「楽天ガス supplied by 東京ガス プランS」になります。この料金プランは、東京ガスの「一般料金」と同じ料金体系です。

関東地方の中でも「東京地区等」、「群馬地区」、「群馬南地区」のエリアによって、料金プランが異なります。

東京地区等

料金表 1ヵ月のガス使用量 基本料金(円/月) 基準単位料金
A 0㎥~20㎥ 759.00 145.31
B 20㎥~80㎥ 1,056.00 130.46
C 80㎥~200㎥ 1,232.00 128.26
D 200㎥~500㎥ 1,892.00 124.96
E 500㎥~800㎥ 6,292.00 116.16
F 800㎥~ 7,109.25 144.92

群馬地区

料金表 1ヵ月のガス使用量 基本料金(円/月) 基準単位料金
A 0㎥から24㎥まで 759.00 131.34
B 24㎥~500㎥ 1,296.10 109.79
C 500㎥~ 7,612.30 97.17

群馬南地区

料金表 1ヵ月のガス使用量 基本料金(円/月) 基準単位料金
A 0㎥~22㎥ 759.00 122.37
B 22㎥~223㎥ 924.00 115.00
C 223㎥~ 2,574.00 107.63

中部地方(東邦ガスエリア)

中部地方で提供するプランは、「楽天ガス supplied by 東邦ガス プランS」となります。この料金プランは、東邦ガスの「がすてきトクトク料金」と同じ料金体系です。

料金表 1ヵ月のガス使用量 基本料金(円/月) 基準単位料金
A 0㎥~20㎥ 759.00 208.82
B 20㎥~50㎥ 1,649.38 164.30
C 50㎥~100㎥ 1,987.02 157.55
D 100㎥~250㎥ 2,143.87 155.98
E 250㎥~500㎥ 2,711.70 153.71
F 500㎥~ 7,109.25 144.92

関西地方(関電ガスエリア)

関西地方で提供するプランは、「楽天ガス supplied by 関西電力 プランS」となります。この料金プランは、関西ガスの「GAS得プランもっと割料金」と同じ料金体系です。

料金表 1ヵ月のガス使用量 基本料金(円/月) 基準単位料金
A 0㎥~20㎥ 1,527.77 135.80
B 20㎥~50㎥ 1,534.90 135.45
C 50㎥~100㎥ 1,551.20 135.12
D 100㎥~200㎥ 1,965.74 130.98
E 200㎥~350㎥ 2,385.37 128.88
F 350㎥~500㎥ 2,706.20 127.96
G 500㎥~1000㎥ 5,843.24 121.69
H 1000㎥~ 6,525.64 121.01

また、楽天ガスの供給エリアは、関東地方、中部地方、関西地方ですが、詳細の市区町村は楽天ガス公式ページの「ガス対象エリア」で確認できます。

対象エリア内でも、一部地域のみが対応の市区町村もあるので注意が必要です。

楽天ポイントが貯まる・使える

楽天ガスの最大の特徴は、「楽天ポイントが貯まる・使える」です。

楽天ポイントが貯まる

楽天でんきは、「電気料金200円につき1ポイント」の楽天ポイントが貯まりますが、楽天でんき+楽天ガスにすると、「それぞれ100円につき1ポイント」の楽天ポイントが貯まります。

例えば、1ヶ月の電気代が6,000円、ガス代が4,000円の場合、「楽天でんきのみ」と「楽天でんき+楽天ガス」では以下のように獲得できるポイントが変わってきます。

  • 楽天でんきのみ:電気代分30ポイント
  • 楽天でんき+楽天ガス:電気代分60ポイント + ガス代分40ポイント

楽天でんきのみでは、30ポイントしか貯まりませんが、楽天ガスをセットにすることで合計100ポイント貯めることができます。

また、楽天でんきと同様に、楽天ガスの支払いを楽天カードにすると、さらに「100円につき1ポイント」の楽天ポイントが貯まります。

今なら、入会特典キャンペーンがあり、楽天でんき利用中の人が楽天ガスに申し込むと3,000ポイントが獲得できます。

楽天ポイントが使える

楽天ガスは、楽天でんきと同様に、楽天ポイントが貯まるだけでなく、支払いに楽天ポイントを使うことができます。

ガス料金の支払いに使える楽天ポイントは、「通常ポイント」と「期間限定ポイント」の両方です。

期間限定ポイントも使えるので、有効期限が切れそうな期間限定ポイントの消化先としても活用できます。

また、1回の支払い使える楽天ポイントは、50ポイント~30,000ポイントです。

楽天ガスの注意点

楽天ガスには、いくつか注意点があります。

楽天でんきの契約が必要

楽天ガスを契約するには、楽天でんきの契約が必要で、楽天ガス単独での契約できません。

楽天でんきを利用していない方は、楽天ガスの契約前に、先に楽天でんきへの契約が必要です。

現在よりも料金が高くなる可能性がある

楽天ガスの料金プランは、東京ガスの一般料金、東邦ガスのがすてきトクトク料金、大阪ガスのGAS得プランもっと割料金と同等となっています。

現在の契約プランによっては、楽天ガスに乗り換えることで、料金が割高になる可能性があります。

乗り換えを検討する際は、事前に現在の契約内容確認と料金シミュレーションすることをおすすめします。

支払方法はクレジットカードのみ

楽天ガスの支払方法は、楽天でんきと同様に、クレジットカードのみです。

大手電力会社の支払方法には、クレジットカード以外にも口座振替や振込用紙がありますが、楽天ガスはクレジットカードのみなので注意が必要です。

まとめ

今までは、楽天でんきのみでしたが、新たに楽天ガスのサービスが開始されたことにより、楽天でも電気とガスをセットにできるようになりました。

電気とガスをセットにすれば、電気代とガス代それぞれ100円につき1ポイント貯まるので、普段から楽天ポイントを貯めている人は活用したいところです。

また、電力会社とガス会社をセットにすることで管理も楽になるので、楽天でんきと楽天ガスのセット契約を検討してみてはいかがでしょうか。