楽天モバイルの新料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VI」とは?

楽天モバイルの新料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VI」とは?

楽天モバイルは、2021年1月に新料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VI」について発表しました。

新料金プランは、2021年4月から開始され、現行プランから料金体系が大きく変更となります。

この記事では、楽天モバイルの新料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VI」の特徴や4大キャリアとの比較について紹介していきます。

新料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VI」

楽天モバイルの新料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VI」は、現行の料金プラン「Rakuten UN-LIMIT V」の改定プランとなり、毎月のデータ通信の使用量が少ない人は、実質的な値下げとなります。

「Rakuten UN-LIMIT V」の料金プランは、毎月のデータ通信の使用量に関係なく、月額2,980円でした。

しかし、新料金プランの「Rakuten UN-LIMIT VI」では、毎月のデータ通信の使用量に応じて、月額料金が段階的に変わる料金体系へ変更となります。

現行プラン「Rakuten UN-LIMIT V」と新料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VI」の概要を比較したものが、以下となります。

 

プラン 現行プラン
Rakuten UN-LIMIT V
新プラン
Rakuten UN-LIMIT VI
月額料金 ~1GB 2,980円 0円
1GB~3GB 980円
3GB~20GB 1,980円
20GB~ 2,980円
高速データ容量 楽天回線:無制限
パートナー回線:5GB/月
高速データ超過後速度 楽天回線:無制限
パートナー回線:最大1Mbps
国内通話 無料かけ放題(Rakuten Linkアプリ)
最低利用期間 なし
事務手数料・解約金 0円
申込方法 店舗・オンライン

新料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VI」では、月額料金が、データ通信の使用量が1GBまでは0円1GB~3GBまでは980円(税込1,078円)3GB~20GBまでは1,980円(税込2,178円)20GB以上は2,980円(税込3,278円)となります。

1GBまでの無料は1回線のみで、2回線目以上の場合は、データ通信の使用量が1GB以下でも、月額980円(税込1,078円)の料金が発生します。

その他については、現行プランと新プランで、大きな変更はありません。

パートナー回線利用時の高速データ容量や超過後の速度、Rakuten Linkアプリを使った国内通話かけ放題などは、新プランでも変更はありません。

また、現在「Rakuten UN-LIMIT V」を利用しているユーザーは、手続き不要で自動的に新プラン「Rakuten UN-LIMIT VI」へアップデートされます。

4大キャリアの比較

楽天モバイルの新料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VI」とNTTドコモ「ahamo」、au「povo」、ソフトバンク「SoftBank on LINE」とを比較してみます。

キャリア NTTドコモ au ソフトバンク 楽天モバイル
プラン ahamo povo SOFTBANK on LINE Rakuten UN-LIMIT VI
~1GB 2,980円/月 2,480円/月 2,980円/月 0円/月
1~3GB 980円/月
3GB~20GB 1,980円/月
20GB~ 2,980円/月
高速データ容量 20GB/月 20GB/月 20GB/月 楽天回線:無制限
パートナー回線:5GB/月
高速データ
超過後速度
最大1Mbps 最大1Mbps 最大1Mbps 楽天回線:無制限
パートナー回線:最大1Mbps
データチャージ 500円/1GB 500円/1GB 500円/1GB パートナー回線:500円/1GB
国内通話 1回5分かけ放題
無料
1回5分かけ放題
500円/月
1回5分かけ放題
無料
かけ放題(Rakuten Link)
無料
メールアドレス なし なし なし 2021年夏頃予定
申込方法 オンライン オンライン オンライン 店舗・オンライン

大手通信キャリア3社のプランと比較した場合、以下の点において、楽天モバイルのほうが優れていると言えます。

  • データ使用量が20GB以下のユーザニーズへの対応
  • 月額2,980円(税込3,278円)でデータ無制限
  • Rakuten Linkアプリで国内通話が無料かけ放題
  • 申し込みが店舗でも可能

20GB以下のユーザニーズへの対応

楽天モバイルの新料金プランでは、データ通信の使用量が20GB以下の場合、使用量に応じた従量制の料金体系となります。

他社の料金プランは、使用量が1GBでも20GBでも同一料金のため、データ通信をあまり使わないライトユーザーにとっては損と言えます。

毎月のデータ通信の使用量が20GB以下の人は、楽天モバイルの利用を検討してもいいかもしれません。

月額2,980円(税込3,278円)でデータ無制限

楽天モバイルでは、新料金プランでも引き続き、楽天回線エリア内では、月額2,980円(税込3,278円)で、高速データ通信が無制限で利用可能です。

パートナー回線エリアでは、現行プランと同じく、高速データ通信は1ヵ月あたり5GBまで、超過後速度は最大1Mbpsとなります。

他社の料金プランでは、データ使用量が1ヵ月あたり20GBを超過すると、最大1Mbpsの速度制限がかかり、高速データ通信のデータチャージは、1GBあたり500円の追加料金が発生します。

楽天回線エリア内で、毎月のデータ使用量が20GBより多い人は、楽天モバイルが最適と言えます。

Rakuten Linkアプリで国内通話が無料かけ放題

Rakuten Linkアプリを利用した国内通話が無料でかけ放題な点についても、現行プランと同じく、新料金プランでも変更はありません。

他社の料金プランでは、通話かけ放題のオプション追加すると、「ahamo」と「SOFTBANK on LINE」が月額1,000円(税込1,100円)、「povo」が月額1,500円(税込1,650円)の費用が追加で発生します。

通話をメインで利用する人は、楽天モバイルにすることで、通話料金を抑えることができます。

ただし、Rakuten Linkアプリを利用した通話は、相手の声がたまに聞き取れないことがあり、正直、通話品質については、他社のほうが優れていると思います。プライベートでの利用であれば、問題ないですが、ビジネスでの利用は少し考えたほうがいいかもしれません。

申し込みが店舗でも可能

楽天モバイルは、新料金プランになっても、店舗やオンラインで申し込みが可能です。

他社の料金プランでは、申込方法がオンラインに限定されており、店舗でサポートを受けることができません。

オンラインでの申し込みに不安がある人は、店舗で申し込みが可能な楽天モバイルがおすすめです。

まとめ

この記事では、楽天モバイルの新料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VI」について紹介してきました。

新料金プランへの変更に伴い、料金体系が2,980円の定額制からデータ使用量に応じた従量制へ変更となります。

今回の改定により、データ使用量が少ない人は、実質的な値下げとなり、データ使用量が多い人は、現行と同じ料金となります。

その他については、現行プラン「Rakuten UN-LIMIT V」から大きな変更はありません。楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT V」の詳細については、以下の記事で紹介しています。
スマホ通信費の節約!楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT V」とは?

「Rakuten UN-LIMIT VI」は、高速データ通信を無制限に利用したい人や通話時間を気にせず通話したい人だけでなく、データ使用量が少ない人にもおすすめのプランです。