カード提示で楽天ポイント!楽天ポイントカードの特徴とお得な活用方法

カード提示で楽天ポイント!楽天ポイントカードの特徴とお得な活用方法

世の中には、多くのポイントサービスがありますが、その中でも楽天ポイントは人気が高く、貯まりやすく使いやすいのが特徴です。

楽天ポイントは、楽天市場の買い物や楽天サービスの利用でも貯めることができますが、街の店舗で買い物をした際に、楽天ポイントカードを提示することでも貯めることができます。

この記事では、楽天ポイントカードの特徴やお得な活用方法について紹介します。

楽天ポイントカードとは?

楽天ポイントカードとは、街の買い物で楽天ポイントが貯まる・使えるお得なカードです。

楽天ポイントカードが利用可能な店舗で、買い物の時にカードを提示すると楽天ポイントが貯まります。

楽天ポイントの還元率は、店舗により異なります。

例えば、マクドナルドの場合、税込100円につき1ポイント、ファミリーマートの場合、税込200円につき1ポイントとなります。

また、楽天ポイントカードでは、楽天ポイントが貯まるだけでなく、1ポイント=1円として支払いに利用することもできます。

一部の店舗では、楽天ポイントを利用した支払いに対応していないことがあります。ポイントで支払う際は、その店舗がポイント支払いに対応しているか、事前に確認しましょう。

楽天ポイントカードが利用可能な店舗は、楽天ポイントカード公式サイトの「使えるお店」から確認できます。

楽天ポイントカードの種類

楽天ポイントカードには、大きく分けて「アプリ」と「カード」の2種類があります。

楽天ポイントカードアプリ

楽天ポイントカードには、専用の「楽天ポイントカードアプリ」があります。

楽天ポイントカードアプリは、iOSとAndroidの両方に対応しており、以下のリンクからダウンロードが可能です。
iPhone版楽天ポイントカードアプリ
Android版楽天ポイントカードアプリ

また、楽天ポイントカードアプリ以外にも、楽天ポイントカード機能が搭載された楽天グループのアプリがあります。

  • 楽天市場アプリ
  • 楽天Edy
  • 楽天ポイントクラブアプリ
  • 楽天カードアプリ
  • 楽天ペイアプリ
  • 楽天トラベル

これらのアプリに搭載された楽天ポイントカードでも、楽天ポイントを貯めたり、使ったりすることが可能です。

楽天ポイントカード

カード型の楽天ポイントカードは、楽天ポイントカードが利用可能な店舗にて配布・販売しています(一部の店舗を除く)。

利用する際は、「楽天ポイントカードの利用登録」ページで利用登録が必要となります。

また、カード型の楽天ポイントカードには、Edy機能付きやクレジット機能付きのものもあります。

楽天カードは、楽天ポイントカード機能が一体となっているので、楽天ポイントカードの提示と楽天カードの支払いが1枚ででき、とても便利です。

利用方法

楽天ポイントカードの利用方法は、「使える店舗を探す」と「レジで提示する」の2ステップです。

使える店舗を探す

楽天ポイントカードが利用可能な店舗には、ステッカー・のぼりがあります。

楽天ポイントカード公式サイトの「使えるお店」からも、利用可能な店舗を探すことができます。

レジで提示する

楽天ポイントを貯める場合は、レジで「ポイントカード」と伝え、カードまたはアプリを提示し、店頭スタッフに楽天ポイントカード番号を読み取ってもらいます。

楽天ポイントを使う場合は、レジで「ポイントで支払います」と伝え、カードまたはアプリを提示します。

お得な活用方法

楽天ポイントカードは、楽天カードや楽天ペイと組み合わせて利用すると、ポイントの2重取りができます。

楽天カード

楽天カードは、街の買い物の支払いで利用すると、購入金額の1%がポイント還元されます。

楽天ポイントカードが利用可能な店舗で、楽天ポイントカードの提示し、楽天カードで支払うと、それぞれ別々にポイントが貯まります。

例えば、ロイヤルホストで税込2,000円の食事をした際に、楽天ポイントカードの提示し、楽天カードで支払うと以下のポイントが貯まることになります。

  • 楽天ポイントカード分:20ポイント(100円につき1ポイント)
  • 楽天カード分:20ポイント(100円につき1ポイント)
  • 合計:40ポイント

楽天カードの詳細については、以下の記事で紹介しています。
人気No1のクレジットカード!楽天カードの特徴を解説します

楽天ペイ

楽天ペイは、街の買い物の支払いで利用すると、購入金額の1~1.5%がポイント還元されます。

楽天ポイントカードが利用可能な店舗で、楽天ポイントカードの提示し、楽天ペイで支払うと、それぞれ別々にポイントが貯まります。

例えば、ファミリーマートで税込1,000円の買い物をした際に、楽天ポイントカードの提示し、楽天ペイ(ポイント支払い)で支払うと以下のポイントが貯まることになります。

  • 楽天ポイントカード分:5ポイント(200円につき1ポイント)
  • 楽天ペイ分:10ポイント(100円につき1ポイント)
  • 合計:15ポイント

楽天ペイの詳細については、以下の記事で紹介しています。
節約におすすめなキャッシュレス決済!楽天ペイとは?

注意点

楽天ポイントカードには、いくつが注意点があります。

楽天ポイントカードの提示は精算前

楽天ポイントカードの提示は、精算前に行う必要があります。

レジでの精算後に楽天ポイントカードを提示しても、楽天ポイントを貯めることができません。

楽天カードや楽天ペイでの支払い時

楽天カードや楽天ペイで支払う際にも、精算前に楽天ポイントカードを提示する必要があります。

楽天カードや楽天ペイには、楽天ポイントカード機能が搭載されていますが、支払いの際に自動で楽天ポイントカード分のポイントが貯まる仕組みではなく、その都度、楽天ポイントカードを提示する必要があります。

ポイント付与対象商品

楽天ポイントカードには、ポイント還元の対象となるポイント付与対象商品と、そうでないものがあります。

例えば、タバコ、公共料金のお支払い、切手などの購入で、楽天ポイントカードを提示しても、ポイント還元の計算には含まれません。

また、利用する店舗により、ポイント付与・利用対象商品などの条件が異なるので、注意が必要です。

登録可能枚数は15枚まで

1つの楽天会員IDに対して、楽天ポイントカードは最大15枚まで登録できます。

16枚以上の楽天ポイントカードは、登録できないので注意が必要です。

まとめ

この記事では、楽天ポイントカードの特徴や活用方法について紹介してきました。

楽天ポイントカードは、全国のコンビニや飲食店、ドラッグストアなどで利用可能で、日々の買い物や食事の支払い時に提示するだけで、楽天ポイントを貯めることができます。

また、楽天カードや楽天ペイと一緒に利用することで、楽天ポイントの2重取りも可能となり、より楽天ポイントが貯まりやすくなります。

楽天ポイントをより多く貯めたい方は、楽天ポイントカードも一緒に利用してみてはいかがでしょうか。