住信SBIネット銀行「スマート認証NEO」の特徴や登録方法

住信SBIネット銀行「スマート認証NEO」の特徴や登録方法

住信SBIネット銀行の「スマート認証」がサービス提供終了予定となります。

現在「スマート認証」を利用している人は、「スマート認証NEO」に移行する必要があります。

この記事では、住信SBIネット銀行の「スマート認証NEO」の特徴や登録方法について紹介していきます。

住信SBIネット銀行の詳細については、以下の記事で紹介しています。
住信SBIネット銀行とは?特徴やメリットについて解説します

「スマート認証NEO」とは

「スマート認証NEO」とは、前身の「スマート認証」アプリで利用者から寄せられた意見や要望をもとに開発した新しい認証サービスです。

セキュリティレベルの高さはそのままで、利便性が大きく向上しています。

「スマート認証NEO」では、「住信SBIネット銀行」アプリとスマホに登録された本人確認情報を紐づけて認証を行います。

パスワード等の認証に比べて、より安全かつスムーズな取引が可能となります。生体認証の代替として、PINコードも利用可能です。

「スマート認証NEO」の特徴

「スマート認証NEO」には、以下のような特徴があります。

  • 生体認証ログインで取引時にパスワード不要
  • アプリ以外の取引も事前に確認と承認
  • 不正ログインを防止できる

「住信SBIネット銀行」アプリに登録した生体認証でログインしていれば、取引ごとの認証は不要となります。WEB取引パスワードや認証番号の入力をせずにスムーズな取引が可能です。

一部の取引については、パスワード等の入力が必要ですが、順次対応予定となります。

また、パソコンなどアプリ以外の環境から取引する際も、取引内容をアプリで確認、承認してから実行されます。そのため、不正送金等を未然に防ぐことができます。

さらに、ログイン承認機能を利用すると登録したスマートフォン以外では制御を解除できないため、不正ログインを防ぐことができます。

その他に、「スマート認証NEO」の登録で、キャッシュカードがなくてもアプリでATM入出金が可能な「アプリでATM」も利用ができるようになります。「アプリでATM」は、セブン銀行とローソン銀行で対応しています。

登録手順

「スマート認証NEO」を利用するには、「スマート認証NEO」の登録が必要となります。

現在、「スマート認証」アプリを利用している人と利用していない人で手順が異なります。

「スマート認証」アプリを利用している人の手順は、「ログインロック解除」、「スマート認証NEOの登録」、「スマート認証のアンインストール」です。

「スマート認証」アプリを利用していない人は、「スマート認証NEOの登録」のみとなります。

ログインロック解除

「スマート認証」アプリのログインロック機能を設定している人は、「スマート認証」アプリの画面上でロックの解除します。

スマホを機種変更・紛失や「スマート認証」アプリをアンインストールしているなど、既に「スマート認証」アプリが利用できない場合は、「スマート認証NEO」の登録前に「スマート認証」の登録解除が必要です。

「スマート認証」の登録解除は、「スマート認証登録解除」から行うことができます。

「スマート認証NEO」の登録

「スマート認証NEO」は、「住信SBIネット銀行」アプリ上で利用できる認証サービスです。

登録の前に「スマホ」と「住信SBIネット銀行に登録されている電話番号の電話機」を準備しましょう。登録されている電話番号がスマホであれば、スマホ1台で大丈夫です。

1.アプリのインストールとログイン
以下より、「住信SBIネット銀行」アプリをインストールし、ログインします。
・iOS:AppStoreからダウンロード
・Android:GooglePlayで手に入れよう

既に「住信SBIネット銀行」アプリを利用している場合は、ホーム画面左上の「スマート認証NEO」ボタンをタップし、「スマート認証NEOを登録する」を選択します。

「スマート認証NEO」ボタンが表示されない場合は、AppStoreまたはGooglePlayより、アプリを最新版にアップデートしてましょう。

2.「スマート認証NEOを利用する」の選択
「スマート認証NEOを利用する」をタップします。

3.登録のための本人確認
本人認証画面で、WEB取引パスワードを入力し、「SMS・電話認証」をタップします。認証番号の入力画面が表示された場合は、認証番号表を参照して、認証番号を入力します。

SMS認証の場合、マスキングされた電話番号の右横にある「認証コードを送信」をタップすると認証コードが送信されます。送信された認証コードを入力して、「送信」をタップします。

電話着信認証の場合、マスキングされた電話番号の右横にある「この番号で着信する」をタップします。機械音声が読み上げた認証コードを入力して、「送信」をタップします。

4.今後利用する認証方法の選択
登録完了後に利用する認証方法を選択します。

認証方法は、「生体認証を使用する」と「PINコードのみを使用する」の2種類があります。

5.セキュリティ設定
セキュリティ設定を行い、「設定完了」をタップします。

セキュリティ設定は、「標準設定」と「標準設定+ログイン承認」の2種類があります。

6.設定完了
アプリのホーム画面左上にある「スマート認証NEO」の表示が緑色になれば、設定が完了です。

登録後は、一部の取引を除いて、アプリで取引を行う際の認証が不要となります。

「スマート認証」のアンインストール

「スマート認証NEO」の登録が完了したら、今まで利用していた「スマート認証」は、自動的に登録解除されます。

「スマート認証」アプリは不要となるので、アンインストールします。

スマプロランク

住信SBIネット銀行の優遇サービスである「スマートプログラム」が、2021年4月に改定されます。

今回の改定で、スマプロランクの条件が一部変更され、ランク2以上は「スマート認証NEO」の登録が必須となります。

スマプロランクがランク2以上の人は、「スマート認証NEO」の登録を行わないと、ランク1になってしまうので、2021年4月の改定前に登録を完了させるようにしましょう。

2021年4月に改定される「スマートプログラム」の内容については、以下の記事で紹介しています。
住信SBIネット銀行「スマートプログラム」が2021年4月に改定!

まとめ

この記事では、住信SBIネット銀行の「スマート認証NEO」の特徴や登録方法について紹介してきました。

「スマート認証NEO」は、前身の「スマート認証」と比べて、セキュリティレベルの高さを維持しつつ、利便性が大きく向上しています。

「スマート認証NEO」の登録手順も非常に簡単となっており、あまり時間をかけずに登録完了できます。

さらに、2021年4月の「スマートプログラム」改定により、ランク2以上は「スマート認証NEO」が必須となります。

今まで、住信SBIネット銀行の「スマート認証」を使っていなかった方は、この機会に「スマート認証NEO」を登録してみてはいかがでしょうか。