住信SBIネット銀行とは?特徴やメリットについて解説します

2021年1月9日

住信SBIネット銀行とは?特徴やメリットについて解説します

昔に比べてネット銀行もだいぶ普及し、利用されている人も多いのではないでしょうか。

年々、ネット銀行の数も増えて来ており、普通預金・定期預金の金利の高さやATM手数料・振込手数料の無料回数などそれぞれのネット銀行で売りにしている特徴が異なります。

この記事では、普段の生活の中で使い勝手の良い「住信SBIネット銀行」について詳しく紹介します。

住信SBIネット銀行とは?

住信SBIネット銀行とは、三井住友信託銀行とSBIホールディングスが共同出資するネット銀行で、2007年9月に営業開始しました。

2021年3月末時点で、口座数が450万口座、預金残高が6.2兆円を超えています。

取扱商品は、普通預金・定期預金・仕組預金・SBIハイブリッド預金などの預金や投資信託・ロボアドバイザー・純金積立・FX・保険や住宅ローン・カードローンなど様々なものを取り扱っています。

2021年5月現在、円普通預金の金利は通常時が0.001%、ハイブリッド預金適用時が0.010%となります。定期預金の金利は預入期間が1年で0.150%、それ以外の機関では0.020%となります。
※上記金利の年利率は税引前となります。

ATMの入出金には、コンビニやイオン銀行、ゆうちょ銀行、ビューアルッテなど全国の提携ATMを利用できます。

その他にスマートプログラムの優遇サービスや目的別口座、定額自動入金・定額自動振込、デビッド機能付きキャッシュカードなどの特徴があります。

SBIハイブリッド預金

SBIハイブリッド預金とは、住信SBIネット銀行とSBI証券が連携した円預金で、利用するには、別途SBI証券の口座開設が必要となります。

SBIハイブリッド預金は、SBI証券口座の買付余力に自動反映され株式や投資信託などの証券取引に利用できます。また、証券取引に伴う精算代金は、SBIハイブリッド預金とSBI証券口座間で自動的に資金振替が行われます(自動スウィープサービス)。

その他にSBIハイブリッド預金は、金利が0.010%(税引き前)と普通預金の金利の10倍となり、利息は毎月第三土曜日に計算されその翌日に入金されます。

SBIハイブリッド預金への入金方法は、「住信SBIネット銀行の代表口座から振替入金」と「SBI証券への入金」の2種類があります。

SBIハイブリッド預金は、なるべく高い金利で預けたい人SBI証券で株や投資信託等の取引をしている人におすすめです。

SBI証券の詳細については、以下の記事で紹介しています。
人気No1のネット証券!SBI証券の特徴について解説します

スマートプログラム

スマートプログラムとは、商品・サービスの利用に応じて、振込手数料・ATM出金手数料の無料回数やポイント獲得などの特典が受けられる優遇プログラムです。

スマートプログラムの特典には、「スマプロランク」と「スマプロポイント」があります。

スマプロランク

スマプロランクとは、月ごとの商品・サービスの利用に応じて自動的に判定され、ランク1~ランク4のいずれかが適用されます。

当月のランクは、前々月の利用状況が判定基準となり、ランクに応じて振込手数料・ATM入出金手数料の無料回数が決まります。

※スマプロランクは、2021年4月に内容が改定されました。この記事で紹介する内容は、改定後の内容となります。

ランクごとの手数料無料回数

ランクごとの振込手数料・ATM入出金手数料の無料回数は以下となります。

  • ランク1:ATM入出金手数料/月2回:振込手数料/月1回
  • ランク2:ATM入出金手数料/月5回:振込手数料/月5回
  • ランク3:ATM入出金手数料/月10回:振込手数料/月10回
  • ランク4:ATM入出金手数料/月20回:振込手数料/月20回

なお、住信SBIネット銀行と三井住友信託銀行の口座宛への振込手数料は、回数に制限がなく無料となります。

ランク判定基準

ランク判定基準は、以下のようになります。

住信SBIネット銀行 スマートプログラム ランク判定基準
出典:住信SBIネット銀行

また、ランク3の判定に使用する「A」とランク4の判定に使用する「B」は、以下のようになります。

住信SBIネット銀行 スマートプログラム ランク判定基準詳細
出典:住信SBIネット銀行

2021年4月の改定後は、ランク2以上の優遇条件の判定に「スマート認証NEO」の登録が必須となります。

「スマート認証NEO」の登録は、スマホ・タブレットのみに対応しており、対応端末がない人は、ランク1となるので注意が必要です。

「スマート認証NEO」の詳細については、以下の記事で紹介しています。
住信SBIネット銀行「スマート認証NEO」の特徴や登録方法

なお、新規で口座開設した場合はランク2からスタートとなります。口座開設の当月と翌月は一律でランク2となりランクアップ条件は適用されません。

ランク1~ランク4のランク判定基準の詳細は、スマプロランクのランク判定方法と条件で確認できます。

スマプロランクを上げる方法については、以下の記事で紹介しています。
【住信SBIネット銀行】スマプロランク3の簡単攻略方法!

スマプロポイント

スマプロポイントは、500ポイント以上から1ポイント1円相当で現金に交換可能な住信SBIネット銀行が発行するポイントです。JALマイレージバンクに登録している人は、JALのマイルにも交換可能です。

ポイントは前月の利用状況に応じて、毎月ポイントが貯まります。

  • 外貨預金・仕組預金の月末残高合計が300万円以上:100ポイント/月
  • ミライノカード(JCB)の月内引落金額が合計5万円以上:100ポイント/月
  • 給与受取/年金受取/定額自動入金のいずれかを利用:30ポイント/月
  • 口座振替(銀行引落)が1件以上:5ポイント/月
  • 外貨積立を月1万円以上積立:10ポイント/月
  • 純金積立を月5,000円以上積立:10ポイント/月

上記以外にミライノデビット・ミライノカードの利用金額に応じてポイントが貯まります。

目的別口座

通常、銀行口座を開設するとき1人1口座の制約がありますが、住信SBIネット銀行では目的別に最大5口座まで利用できます。

口座開設時に作成される代表口座の他に、様々な目的の資金を分けて管理できる「目的別口座」が利用できます。円普通預金・円定期預金・外貨普通預金・外貨定期預金を目的ごとの口座に分けて管理可能です。

また、目的別口座は、それぞれの口座に好きな名前を設定できます。「住宅資金」や「教育資金」など目的別に合わせると、分かりやすくて管理しやすくなります。

さらに目的別口座には目標金額を設定できるので、目標達成までに必要な金額や達成率をグラフで確認できます。

定額自動入金・定額自動振込

住信SBIネット銀行には、「定額自動入金」と「定額自動振込」という便利なサービスがあります。

定額自動入金サービス

定額自動入金サービスとは、他の銀行口座から指定した金額を引き落とし、自動的に住信SBIネット銀行の口座へ入金できるサービスです。

住信SBIネット銀行へ毎月一定額を振込で入金している人は、この機能を利用すると自動で入金できるので大変便利です。

定額自動入金サービスの入金は、1万円以上から1千円単位で設定でき、手数料は無料となります。

また、入金の流れは、毎月5日または27日に他の銀行口座から指定金額が引き落としされ、引き落とし日の4営業日後に住信SBIネット銀行の口座に入金されます。毎月の引き落とし日は、申し込み時に設定できます。

定額自動振込サービス

定額自動振込サービスとは、指定した振込先に毎月または毎週単位で自動的に振込できるサービスです。

毎月の家賃や家族への送金など毎月発生する定額の振込がある人は、この機能を利用すると自動で振り込まれるので、振り込み忘れの心配がなくなります。

定額自動振込サービスは、10件まで登録可能で、毎月の特定日もしくは毎週の特定曜日で自動振り込みの設定ができます。なお、振込先が他の銀行口座宛で「毎週」を選択した場合、土日は選択できません。

デビッド機能付きキャッシュカード(ミライノデビット)

住信SBIネット銀行口座を開設するとデビットカードが一体となったキャッシュカード(ミライノデビット)が発行されます。

ミライノデビットは、MastercardとVisaから選んで利用できます。

ミライノデビット(Mastercard)は、年会費無料の一般カードと年会費11,000円のプラチナカードを選択できます。ミライノデビット(Visa)は、年会費無料の一般カードのみとなります。

また、ミライノデビットは利用金額に応じてスマプロポイントが貯まります。

ポイント還元率は種類によって異なり、以下のようになります。

  • Mastercard(一般):0.8%
  • Mastercard(プラチナ):1.0%
  • Visa(一般):0.6%

まとめ

この記事では、住信SBIネット銀行の特徴について紹介してきました。

住信SBIネット銀行は、スマプロランクを上げることでATM入出金手数料や振込手数料の無料回数を増やすことできるので、銀行手数料を節約したい人に特におすすめです。

ATMを利用した入出金もコンビニやイオン銀行、ゆうちょ銀行などが利用可能なので、全国どこでもお金を下ろすことができ便利です。

その他にも定額自動入金・定額自動振込サービスを利用することで、資金移動や毎月の振り込みを自動化できるので、手動でやる手間を省けます。

住信SBIネット銀行は、普段の生活で使うには大変便利なので、興味がある方は口座開設して使ってみてはいかがでしょうか。