資産運用

SBI証券で米国株や米国ETFを買付する場合の決済手段として、「円貨決済」と「外貨決済」の2種類があり、「外貨決済」を利用して買付する場合、事前にSBI証券口座に米ドルを用意する必要があります。

SBI証券で日本円から米ド ...

節約

住信SBIネット銀行には、ATM入出金手数料や他行宛振込手数料が一定回数まで無料にできる「スマプロランク」があります。

スマプロランクは、ランクが上がるごとに月の無料回数が増えるので、うまく活用すれば手数料の節約につながり ...

資産運用

今では、ネット銀行も主流となり、毎月の振込などの資金移動はパソコンやスマホで簡単にできるようになりました。

さらに、定期的な入金や振込を自動化できるサービスを提供するネット銀行も徐々に増えつつあります。

住信S ...

資産運用

最近では、キャッシュカードの代わりにスマホアプリを使って現金の入出金が可能なネット銀行が増えてきました。

スマホアプリを利用した現金の入出金サービスは、「スマホATM」と言われ、auじぶん銀行も「スマホATM」に対応したネ ...

資産運用

最近では、ネット銀行とネット証券の口座間を連携するサービスも増えて来ており、簡単に資金移動ができるようになりました。

auじぶん銀行とauカブコム証券も「auマネーコネクト」という口座連携サービスを提供しています。 ...

資産運用

最近では、銀行の口座開設も簡単にオンラインで申込みできるようになり、便利になりました。

さらに、オンラインの口座開設もウェブだけでなく、アプリからの申込みに対応している銀行も増えてきました。

auじぶん銀行もア ...

資産運用

auじぶん銀行は、KDDIと三菱UFJ銀行が共同出資して設立されたネット銀行です。

一般的にネット銀行は、店舗型の銀行よりも手数料や金利がお得だったり、オンラインで口座開設できるといったメリットがあります。

こ ...

節約

住信SBIネット銀行には、「スマートプログラム」という優遇プログラムがあります。

2021年4月に「スマートプログラム」の内容が改定されることが発表されました。

この記事では、2021年4月に改定される住信SB ...

節約

住信SBIネット銀行の「スマート認証」がサービス提供終了予定となります。

現在「スマート認証」を利用している人は、「スマート認証NEO」に移行する必要があります。

この記事では、住信SBIネット銀行の「スマート ...

資産運用

楽天銀行には、ハッピープログラムという優遇プログラムがあります。

このプログラムは、会員ランクに応じて、ATM手数料や振込手数料の無料回数やハッピープログラム対象取引を利用した際の楽天ポイント還元率が異なるといった特徴があ ...